スポンサーリンク



真田幸村の活躍した上田城

学校でも必修科目となっている「歴史」。 
何年にこの人とこの人が戦いを繰り広げ、戦力を拡大した…。 
この時代にこのお城が建てられて、幕府の本拠地とした…。 
問題としてテストで出るとなると覚えることに一生懸命だったと思います。 ですが、内容はとても奥の深いものですよね。 
今私たちが住んでいる日本を作り上げてきた偉人たちの生き様を知ることができるの。 これほど興味深い教科はありません。 

 

そんな歴史好きの人に今とても人気を集めているのが「真田の里」です。 
当時の城や寺が。 残らされています。 
今回はその中の一つ、「上田城」のことついて説明していきましょう。 

 

上田城の中でも一番人気のスポットなのが上田城東虎口櫓門です。 
有料になりますが内部を見学することも可能です。 当時活躍した真田家や松平家、仙石家などの史料も展示されています。 

 

さらにそこには「真田石」と称される、力や権力を示すために置かれた高知名度の石があるので、1枚は写真に収めておくと良いでしょう

 

上田城東虎口櫓門を抜けると、眞田神社が出てきます。 
この上田城を築城したと言われる歴代藩主たちが祀られているのです。 お参りしておきましょう。 

 

眞田神社にお参りした後はその上に奥の方へ進み、真田井戸を見つけてください。 
当時の抜け穴だったとされる井戸です。 だからそのままの形で残されている貴重な史料です。 

 

また加えて奥には上田城で一番古い建築物もあるのです。 だからすぐには帰らずに奥へと進みましょう。 
真田の里へ観光に行く際は、ぜひ上田城を覗いてみてください。