スポンサーリンク



信綱寺

毎年多くの観光客が訪れている観光地が「真田の里」です。 
観光客のほとんどは歴史好きの人たちです。 当時の建築物や史料が数多く残されています。 
知名度の高いものからマイナーなものまであるため、歴史が好きな人にとっては楽園とも呼べる観光地。 

 

真田の里はできることなら全て回りきりたいものですが、あまりに広いためかなりの時間を費やしてしまいます。 
そのためあらかじめ訪れる場所を決めておくのが良いんです。 

 

真田の里を観光する際に、必ず訪れて欲しい所なのが「信綱寺」です。 
歴史好きであれば一度は聞いたことがあるのでは?個人の趣味ですが。 

 

おそらく思っているよりもずっと立派なお寺です。 よって真田信綱の墓が眠っています。 
本堂の右側ある鐘台の外へ進み、裏山まで続く舗装路を少し歩いたところに見つけました。一部だけご紹介しましょう。
迷いやすいので気をつけてください。 

 

そこに眠る真田信綱の遺体は、家臣の白川勘解由の兄弟がここまで運んでいき、埋葬したと言われているのでしょう。 
当時の血染めした陣羽織や真田昌幸の宛てた書状などが宝物館に保管されています。 
予約制で100円ほど費用がかかるのです。 だから見ておきたい方は注意しましょう。 

 

お墓は真田信綱だけでなく、真田信綱の夫人や真田昌輝のものも一緒に並べられています。 
脇には白川勘解由兄弟のお墓もありますよ。 

 

信綱寺は名前からも分かる通り、真田信綱に関連した物がいくつも眠っています。 
真田信綱に興味があるという方は、ぜひ一度訪れてみてはいかが。